D5フィルター82mm(太陽撮影専用)【9582】
品番:【9582】 標準価格:¥22,000(税抜) O・D特価:¥22,000(税抜)
太陽面撮影専用減光フィルター 2011年5月12日発売

●露出倍数10万倍の「太陽撮影専用」のフィルターです。
●2017年8月北アメリカで起こる皆既日食の必需品です。
●ガラス基盤に蒸着を行い、光の透過を10万分の1にまで減らした減光フィルターです。
●太陽面が嫌味のない美しい白色に写るフィルターです。太陽面の作例画像はこちら
●450~650ナノメーターの可視光域においてニュートラルな減光を目指しています。
●2枚、3枚と重ねる必要が無いので、対物レンズの前に置いても性能が劣化しません。
●最近、黒点が増加しており、毎日変化も楽しめるので、太陽面撮影が注目を浴びています。
●太陽は昼間毎日撮影できる唯一の天体です。出勤前、昼休み中と撮影のチャンスは多くあります。
国際宇宙ステーション(ISS)が太陽面を通過する現象を撮影する際の必需品です。
●太陽面を撮影することにより、機材の虫干しにもなります。
●製造元は天体用のフィルターやカメラのIR改造で名高い(有)アイキャスエンタープライズIDAS事業部ですから高精度で安心です。
●毎日の太陽面の変化はこちらが詳しいです。
●89ED・90FL・107FLには対物キャップの内側に82mmのフィルターネジが切ってあります。
●77、77ED、77EDII(フードを外し、ロゴリングを外したところにねじ込みます。ただし、ロゴリングの無いタイプは装着できません)。
●71FLに装着する際には、他社製の72mm→82mmのステップアップリングを併用して下さい。

<使用上のご注意>
※写真撮影専用ですから眼視には使えません。有害な赤外線等を透過しますので眼に障害が残る危険性がありますので、ご注意ください。(日食網膜症に注意!)
※日食や太陽面観察についての注意事項はこちら。
※安全のため、構図を確認したりピント合わせをしたりの時間は数秒程度にとどめてください(特に光学ファインダーの場合)。ライブビューでのピント合わせをおススメします。

※必ず対物レンズやカメラレンズの最前面に装着ください。後方ですと熱によりフィルターが破損して大変危険です。
※フィルターの表面は傷つきやすいので、取り扱いには十分にご注意ください。
※露出の目安:ISO100・F8で1/1000秒が適正露出です。
※本製品は生産中止品。在庫限り。

77EDII対物セルに装着したD5フィルター。フードを外し、ロゴリングを外したところにねじ込みます。
ページトップへ戻る